FC2ブログ

あおいくさり

M専SMクラブ『クムズ』あおいの日々徒然。 近況報告、脳内考察、SMについて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

信頼。


まぞのみんな。

なかなかブログを書けずにごめんね。

最近、クムズ専用PCがダウン中で、なかなかブログを書けずにいたの。

あおいはアナログ人間だから、おうちにはPCがないのよね。



今日はネットカフェからの更新。

クムズ専用PCの復活にはもうすこし時間がかかりそうなので、

ブログ更新がかなり少なくなるけど、分かってちょうだいね。




最近のうれしかったことをふたつ。


あおいのブログを読んで、あおいに喜んで欲しいと

スパンキング志願してきた子がいたこと。

痛いのは苦手といいながらかなり耐えれていたので、

あおいもなかなか愉しめたな。


でも、終わった後に、

『よく耐えれたね。痛かった?』と聞いたら

『痛かったです・・・』と

顔をゆがめていたのがまた可愛かった♪


そしてもうひとつもスパンキングつながり。


昔からずっとプレイしている相性のいいまぞくん。

叩いて欲しいという割にはすぐ音を上げる癖があったんだけど、

このあいだまったく拘束をしない状態で叩いてみた。



それまでは張り付け台やら拘束具やらで

体の自由を奪った上で叩いていたんだけど。



言葉だけで、縛ってみた。


そしたら、不思議と逃げなかった。




『逃げてもいいよ。ただ、逃げても戻っておいで。戻ってこなかったら、そこで今日はおしまい』



そう、伝えてから叩いた。



時間が短かったのでそんなに何百発って訳じゃなかったけれど、

最初はじわじわ、最後の何十発かは本気で叩いた。



あおいに何度となく叱られながらできるようになった、

スパンキングを受けるときの正しい姿勢のまま、一回も逃げなかった。



声は出しても言いといっておいたから、

情けない声は漏れてしまったいたけれど、

体は前にのめる以外は動かなかった。


叩き方が甘いのかな、と思うほど逃げなかったけど、

終わった後抱き起こして顔を見たら、

涙目で朦朧としていた。




無理やり動けなくして虐めるのもすきだけど、

自分で選んで受けている、と感じた瞬間がとても嬉しい。


逃げてもいいし、止めたっていい。

別にそれでお前を捨てたりしないのよ。


それなのに『逃げません』と自ら宣言する姿はとっても愛おしい。




今日の記事を書いたのは、

別にいやなことも無理やり受けろ、って言う意味じゃない。


ただ、自分の限界を決めてしまわないで欲しい。


あおいはいつも、

まぞくんたちをもう一歩先にある深い世界に連れて行ってあげたいと思っているだけ。


だから、君たちも勇気を出して、自分の興味を突き詰めて欲しいの。


それが痛みでも、快楽でも、羞恥でも、

どんな変わった性癖でも。


あおいを信じて、委ねてごらん。

スポンサーサイト
[PR]


脳内 | コメント:23 | トラックバック:0 |
<<プレイ納め。 | ホーム | 知ってほしいこと。>>

コメント

絶対に僕だったら本当にありがとうございます

もっと
あおいさまに喜んでいただけるように頑張ります

目指すはWフィストですね

頑張ります
2012-12-08 Sat 16:46 | URL | 童貞 [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-12-09 Sun 10:56 | | [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-12-09 Sun 21:50 | | [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-12-11 Tue 16:07 | | [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-12-12 Wed 23:44 | | [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-12-21 Fri 06:44 | | [ 編集 ]
童貞へ☆

返事遅れてごめんなさいね。

そう、お前のことよ。

目標が高くてすばらしいわ。

あおいのWは相当な難易度だと思うけど、

あおいへの愛をお前の身体で伝えて頂戴ね。

また、おいで。


2012-12-21 Fri 15:02 | URL | あおい [ 編集 ]
返事が遅くなってごめんね。

信頼ってとっても大切だよ^^

はやとくんはいつもあおいを信じて任せてくれてるのがわかるから、

うれしくなっていっぱいいじめちゃうんだよね♪笑

また会えるの楽しみにしてるよ^^


2012-12-21 Fri 15:05 | URL | あおい [ 編集 ]
お前はいつも口だけは一人前ね^^笑

妄想ばかりで我慢できてるのかしら?
それとも自分をじらして楽しんでるのかな?

早くお前の妄想をあおいの前で曝け出しにおいで。


2012-12-21 Fri 15:08 | URL | あおい [ 編集 ]
はじめまして。

コメントありがとう。

スパンキングは本当に大好きよ。
鞭に変更されるのは、その女王様があまりスパンキングがお好きじゃなかったのかもしれないね。

違うプレイに流れてしまう件については、
君がスパンキングを受けたい気持ちを表現し切れていないのかも。

君の中にあるスパンキングへの想いを、ぜひ聞かせてほしいわ。

なぜ、叩かれたいと望むのか。
どこまで、スパンキングを突き詰めたいのか。

そうしたら望む以上に、墜としてあげるよ。

2012-12-21 Fri 15:15 | URL | あおい [ 編集 ]
なかなか素敵なハンドルネームだね。
コメントをありがとう。

言葉での拘束に至るには信頼関係が必要だから、最初からは難しいけれど、
君があおいに会って、お互い良いフィーリングを感じたなら、そこに到達することは出来ると思うよ。

君とのセッションが今からとても楽しみ。
今、限られた出勤になってしまっているので、なかなかタイミングが難しいとは思うけど、
ごめんなさいね。


2012-12-21 Fri 15:21 | URL | あおい [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-12-21 Fri 16:57 | | [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-12-21 Fri 17:10 | | [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-12-21 Fri 23:45 | | [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-12-22 Sat 07:01 | | [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-12-23 Sun 23:43 | | [ 編集 ]
このあいだはいいセッションができたね。

でも初めてのセッションって、挨拶のようなもので、
本当の“セッション”に至るまでにはまだまだ時間が必要よね。

でも、お前のことは少し理解できたと思うし、
お前もあおいが望む主従の形がぼんやりわかったんじゃないかな?

確かに好む空気が似ていたね。
じっくり、ゆっくり、深く。

もっと次は、深いところを目指しましょうね。

2012-12-24 Mon 16:09 | URL | あおい [ 編集 ]
お前が来ると知って楽しみにしてたのに~~・・・

でもまぁ、あの日はかなり車も多かったししょうがないけど・・・・

でも!あおいに待ちぼうけを食わせたからには意地悪されるの覚悟しててね♪

2012年の飲み納めにいらっしゃいね。

2012-12-24 Mon 16:13 | URL | あおい [ 編集 ]
スパンキングへの思いを詳しく綴ってくれて、嬉しく思うわ。

聞かせてくれてありがとう。

君の文から推測すると、君はスパンキングにフェチを持つまぞくんなんだね。
M性とフェチは同居することが多いけど、かならずしも同じではないものよね。
君はスパンキングを受けている画や状況にフェチを感じているのかもしれないね。

フェチを持つ子、は自分でもどういったプレイと結びつけるのかなかなか理解しづらくて、
こんなかんじなんだけど・・・なんか違う・・・
っていう妄想と現実のギャップに悩まされることもあるんじゃないかしら?

前にスパンキングについての記事でも書いているけれど、
最初から厳しいスパンキングを喜べる子は稀なものよ。

スパンキングの痛みは、時間をかけて、
ゆっくり喜びに変わるものだと、あおいは思う。

確かに、何をして、どうやって導くかは主が決めること。
でも、どこへ向かいたいかは、君が望むことよ。


2012-12-24 Mon 16:54 | URL | あおい [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-12-25 Tue 21:48 | | [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-01-04 Fri 00:37 | | [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-01-04 Fri 10:49 | | [ 編集 ]
あけましておめでとう。

あおいの返事をしっかりと読んで、いろいろと考えたみたいだね。

ハードなSM・・・その定義はどこにあるのかしら?

流血するようなプレイや鞭や蝋燭?

他の記事でも書いたように、あおいは『ハード』の基準は人それぞれで、
何がドMかなんて誰にも決められないと思っているの。

他の人には何とも無いことも、君がハードと感じれば
それは『ハード』なプレイだろうし、

君にとっては嬉しいことも、
他の人には『ハードで受け入れられないこと』かもしれない。

劣等感はある意味大事なことだけれど、自信なんて持つ必要は元々ないのよ。

君が劣等感を抱くのは跪くお相手だけで十分。

SMをしたい、そのきもちに素直になってごらんなさい。

君の求めるものを一緒に探していきましょう。

2013-01-06 Sun 13:12 | URL | あおい [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。