FC2ブログ

あおいくさり

M専SMクラブ『クムズ』あおいの日々徒然。 近況報告、脳内考察、SMについて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

信頼。


まぞのみんな。

なかなかブログを書けずにごめんね。

最近、クムズ専用PCがダウン中で、なかなかブログを書けずにいたの。

あおいはアナログ人間だから、おうちにはPCがないのよね。



今日はネットカフェからの更新。

クムズ専用PCの復活にはもうすこし時間がかかりそうなので、

ブログ更新がかなり少なくなるけど、分かってちょうだいね。




最近のうれしかったことをふたつ。


あおいのブログを読んで、あおいに喜んで欲しいと

スパンキング志願してきた子がいたこと。

痛いのは苦手といいながらかなり耐えれていたので、

あおいもなかなか愉しめたな。


でも、終わった後に、

『よく耐えれたね。痛かった?』と聞いたら

『痛かったです・・・』と

顔をゆがめていたのがまた可愛かった♪


そしてもうひとつもスパンキングつながり。


昔からずっとプレイしている相性のいいまぞくん。

叩いて欲しいという割にはすぐ音を上げる癖があったんだけど、

このあいだまったく拘束をしない状態で叩いてみた。



それまでは張り付け台やら拘束具やらで

体の自由を奪った上で叩いていたんだけど。



言葉だけで、縛ってみた。


そしたら、不思議と逃げなかった。




『逃げてもいいよ。ただ、逃げても戻っておいで。戻ってこなかったら、そこで今日はおしまい』



そう、伝えてから叩いた。



時間が短かったのでそんなに何百発って訳じゃなかったけれど、

最初はじわじわ、最後の何十発かは本気で叩いた。



あおいに何度となく叱られながらできるようになった、

スパンキングを受けるときの正しい姿勢のまま、一回も逃げなかった。



声は出しても言いといっておいたから、

情けない声は漏れてしまったいたけれど、

体は前にのめる以外は動かなかった。


叩き方が甘いのかな、と思うほど逃げなかったけど、

終わった後抱き起こして顔を見たら、

涙目で朦朧としていた。




無理やり動けなくして虐めるのもすきだけど、

自分で選んで受けている、と感じた瞬間がとても嬉しい。


逃げてもいいし、止めたっていい。

別にそれでお前を捨てたりしないのよ。


それなのに『逃げません』と自ら宣言する姿はとっても愛おしい。




今日の記事を書いたのは、

別にいやなことも無理やり受けろ、って言う意味じゃない。


ただ、自分の限界を決めてしまわないで欲しい。


あおいはいつも、

まぞくんたちをもう一歩先にある深い世界に連れて行ってあげたいと思っているだけ。


だから、君たちも勇気を出して、自分の興味を突き詰めて欲しいの。


それが痛みでも、快楽でも、羞恥でも、

どんな変わった性癖でも。


あおいを信じて、委ねてごらん。


スポンサーサイト
[PR]

脳内 | コメント:23 | トラックバック:0 |

知ってほしいこと。



みんな、元気にしているかしら?




最近、あおいのマニアックなプレイについての記事が多くて、

ちょっぴり怖くなってる子も居るんじゃないかしら?笑



自分にはハードルが高過ぎる・・・とか。


そこまでは望んでない・・・とか。




今日はそんな子達へのお話。




これまで述べてきたように、

SMをしようと思ったらそれこそ数え切れないくらいの手段があるんだけど、

SMって、本当はそんなに複雑なものじゃない気がする。



その根っこにあるのは、ただの欲望だもの。



いじめられたい、と、いじめたい。

跪きたい、と、跪かせたい。

狂いたい、と、狂わせたい。



相反する欲望を持った人間が2人居る、それだけのことじゃない?



普通のセックスの中でも、責めと受けがあるよね。


それは責めたい、という人間と、責められたい、という人間がいるから。



欲望の相性が合うかどうか、それが大事だと思う。



SMでもそれは一緒。


少しだけ少数派だったり、偏っていたりするだけ。





だからまぞであるとか、人と違うことでしか興奮できないとか、

それは全然ダメなことじゃないし、恥ずかしいことでもない。

(やってることは恥ずかしいことだけど♪)



そして、SMを楽しんでいるまぞくんたちならよく分かっていると思うけど、

SMは怖くないし、むしろめちゃめちゃ楽しいこと。



大の大人が2人揃って、一生懸命に

自分の気持ちいいことを追求しているんだもん。



こんなに楽しくて、夢中になれる時間、大人になったら中々味わえない。




そして何よりみんなに分かってほしいこと。



それは・・・



あおいだって変態なのよ!!!笑


ということ☆




君達と同じように、あおいだって女王様である前に

サディストで、変わった欲望を持っている一人の人間なの。



だから、あおいはまぞくんなしでは

ある意味生きていけない!!

(女王様的には爆弾発言?でもあおいはあおいなので気にしなーい 笑)



というか、まぞくんたちがいることで、

あおいはあおいでいられてる。



何をするか、どこまでやれるか、なんて

ささいなこと。



それはその子の欲望の傾向であって、何が真性ドMかなんて、

誰にも決められない。




だからSMっていうのは、いじめられたい子と、

いじめたい私が同じ空間にいるだけで、

もう成立しているの。




あとはあおいが、君の一番望んでいるものを一緒に探してあげるから。


安心して、素直にあおいを見上げてくれればいいのよ。








偉そうにSM観なぞ語るつもりはない、とブログを始めた時宣言しておいて、


偉そうに語ってるな!と思った?笑




でも、これはSM観、というより私の自己紹介のようなものだから。



これを読んで、合わないと思うまぞくんがいれば、

それはそれで全然いい。



あおいらしくいれないなら、

あおいがSMをやる意味もなくなっちゃうからね。




あおいの前で自分らしくいれる、そう思う子と

変態だから味わえる愉しさをあらゆる手段を使って共有していきたい。



あえていうならこれがあおいのSM観だと思う。



ただ、それだけ。



なんだか真面目な気持ちの秋の夜長。

思い切りSMできるように寒さ対策するのよ。


では。








脳内 | コメント:4 | トラックバック:1 |

すきなこと~SM編~③




さて、最近更新が滞り気味だったけど、

今日もあおいのすきなことについて。



スパンキング、蝋燭と続き、

少しマニアックなプレイについても書いていこうかな。


あおいはどうやら、“人間性を奪う”ということがとても好きみたい。



それは馬化、犬化にとどまらず、

まぞくんたちを馬でもなく犬でもなく豚でもなく、

“何かよくわからない生き物”

にしてしまうことに異常に興奮してしまうの。




こんなふうに書くだけじゃいまいちわからないよね。


少し前の記事で触れた『マミープレイ』がそのひとつ。


『マミープレイ』または『マミフィケーション』『ラッピング』


この言葉からいったいどんなプレイなのか分かるかしら?


日本ではメジャーなプレイとは呼べないかもしれないけど、

海外ではなかなか人気あるプレイ。


字面から何となく予想できる通り、

『マミー』=『ミイラ』

包帯に限らず、ラップや梱包用フィルムなんかでぐるぐる巻きにしちゃうこと。



こんなかんじとか。

まみー


画像が荒くてごめんなさいね。

色々と探したんだけどなかなかいいのがなくて。



これは包帯でのマミープレイだけど、

あおいがよくやるのは、ラップを使ったマミープレイ。

『ラッピング』の方がふさわしい表現かも。



ラップはぴったりと肌に張り付いて空気を通さないから、密閉感が格段に高まるし、

丁寧に何重にも巻き付けると、光沢が出て見た目も綺麗。


たかがラップといえど、

50m巻きのラップを全部使い切るくらいになると、

指先一つ動かせないみたい。



縄や拘束具の部分的な締め付けとは違う

体中をまんべんなく圧迫される感覚はまた違った良さがあるらしく。

この間マミー初体験した子もうっとり恍惚の表情を浮かべてたな。



体を梱包していく作業は多少時間がかかるし、

派手さはないプレイだから、

ノリノリで激しいのがすきな子にはむかないかもね。



でも、圧迫好きや、首絞め好き、まったりしっとりと集中したプレイがすきな子には

是非体験してもらいたいプレイのひとつ。




梱包用フィルムを使うとラップより格段に拘束感が上がるらしいので、

実験台になってくれる子絶賛募集中よ。



がちがちにラッピングされて、

もはや誰なのか、何なのか分からなくなった体は、

手を触れても体温が感じられず、

つるりとした質感は人間とは思えない。



その無機質な“モノ”に跨って、

わずかに口と鼻に空けた穴から聞こえる呼吸を、唾を垂らして塞いだり、

かろうじて覗ける恍惚とした瞳をみつめる瞬間がすき。



そして透明な殻を破く瞬間も醍醐味のひとつ。


汗にまみれたお前がたまらなくいとおしい。




透明なミノムシになって、あおいの足元に転がってみたくない?



赤こるせっと01






脳内 | コメント:2 | トラックバック:0 |

すきなこと~SM編~②







こんにちは。

最近だいぶ風邪が冷たくなってきたね。



まぞくんには寂しがり屋さんが多い、と思うのだけれど

寒くなると尚更寂しくならない?



誰かと触れ合いたい、ぬくもりを感じたい。。。

そう思う子も多いんじゃない?



だからか、冬に逢うまぞくんたちとのプレイは

濃いものが多い気がするな。




SMって体を温めるのにぴったりなプレイばかりだよね。


スパンキング、蝋燭、鞭、お馬さんごっこ、他にもたくさん。



暖かなお尻の下で窒息したり、

熱いお聖水で体を清めたり。



お聖水を体にかけてあげると、思わず

『あったかいです~』って皆言うものね 笑






今日はその中でも蝋燭について。


蝋燭もビジュアル、雰囲気が大好きなお道具のひとつ。



スパンキングより少しだけ出来る子は限られるけれど。




垂らす前から、火を灯しただけで、雰囲気が変わる。



少し怯えた、でも期待がちらつく瞳を覗き込みながら、

ゆっくり一滴目を垂らす瞬間がすき。




うっとりと蝋の刺激を愉しむ顔も、

熱さに顔を歪めながら耐える顔も、

全部すき。



体が紅い雫で少しずつ染められていくのは、本当に綺麗。




醜いお前の体も、貧弱なお前の体も、

蝋で飾れば素敵なオブジェになる。




お尻にたっぷり垂らしたり、蝋で乳首を覆ったり。

時にははしたない汁を止めるためにお前の股間に垂らしたり。




蝋の匂いも、芯の燃えるじりじりした音も、すき。




蝋燭は意外とハードなようで、希望する子も多いプレイ。

ただ剥がすのが大変だから、ゆっくり時間が取れるとき向きのお道具だね。




怖がってないで皆にもっともっとチャレンジして欲しいプレイのひとつなんだけど、

残念ながら今現在クムズに常備している蝋燭は

低温なんだけど少し熱いのよね・・・



前使っていたものと同じはずなんだけど、

メーカーさんが温度変えたのかしら?


だから初心者まぞにはちょっぴりハードかもね。



近々個人でもう少し温度の低いものを購入する予定だから、

未経験まぞや蝋初心者は少し待っていてね。




お仕置きされたい子や、熱いの大好き!っていう子は遠慮なく垂らされにおいで。





いつか人間燭台を作るのがひそかな憧れ♪

我こそはと思うまぞくんがいたら是非志願して頂戴。




あと、垂らすだけじゃなく、

沢山蝋燭を灯して、幻想的な空間でプレイを愉しむのもいいよね。



そんな雰囲気あるプレイもだいすき。



今日も長々とSMに対する愛を書いちゃった。

次回はどんなプレイ・お道具が登場するかしら。



最後に、だいすきな蝋燭を手に微笑むあおいを公開。


赤こるせっと02


愉しそうでしょ?




脳内 | コメント:18 | トラックバック:1 |

すきなこと~SM編~









最近少しずつだけど、秋が近付いているのを感じる今日この頃。


夏の疲れが出てへばってる子はいないかしら?


今日は「すきなこと~SM編~」と題して書いていこうと思います。


一番まぞくんたちからの質問で多いのが、

「好きなプレイ・得意なプレイは何ですか?」

という質問。


でも・・・・それを聞かれると困っちゃうんだよね。

なんでかというと・・・・


すきなことが多すぎて!!!


すきなことって難しいしね。

相手によって変わるものだと思うし。


例えば、この子とする緊縛プレイは楽しい!

とか



この子をモノ扱いすると楽しい♪

とか。


みんなも日常生活でそういうことってあるでしょう?



この友達とはカラオケに行きたい、とか、

この子とは飲みに行くのが楽しい、とかね。



だから一概にこれがすきとは言いにくい。



でも、やってて単純に楽しいことや、

カウンセリングシートでこれに○が付いてるとテンションあがるとか、

ついついやってしまうこととかはもちろんあるよ。


まずは


スパンキング!!!!


これは絶対絶対すき。

軽く叩くのも、思い切り叩くのもどっちもいい。(思いきりの方が楽しさは増すけど)


鞭もルックスは大好きだし、たまにやりたくはなるけれど、

やっぱり素手で叩く楽しさには勝てないなぁ。


ばちん!!っていう音も、だんだん赤く染まる肌も、

痛みに思わず漏らすうめき声も、びくんって震える体も、

自分の手がだんだん熱くしびれる感覚も、全部すき。


私の理想とするプレイって、道具なんか何も使わなくても、

体ひとつでまぞくんたちを限界まで追い込めるプレイなので、

(不器用なだけでは?っていう突っ込みはしないこと!! 笑)


スパンキングはそれを代表するプレイのひとつなのかも。


鞭に○が付いていても、そのまぞくんが鞭に強いこだわりがない限り、

ついつい途中から素手に切り替えてしまうんだよね。


だから鞭がいつまでたっても上達しないんだろうなぁ。 笑


あ、鞭好きくんはちゃんと鞭で追い込んであげるので心配しないでね。




スパンキングすきな子=痛いのがすきな子

という理解をされやすいと思うのだけれど、


私の中ではそれは必ずしもイコールではないと思うの。



だって私に逢いに来るまぞくんたちは


大半が痛いのは苦手な子(もしくは苦手だった)ばかり。


まぞだからといって、痛いこと=快感という子は少数派な気がする。


誰だって、痛いのは怖いし嫌でしょう?

まぞもしかり。


でも、そこにいろんな付加価値がくっついて、痛み→快感を伴うに変化する。


例えばそれが自分の大好きな方からされることだから気持いい、とか、

精神的に快感を感じるようになった、とか。



お仕置きとして我慢して受けてるなぁ、と思っていたスパンキングを

恥ずかしそうに自分からおねだりされたり、

やってる最中にもっとって言ってきたりすると、

もう笑ってしまうくらい嬉しくなる。


まぞくんが更なる深みへステップアップする瞬間っていうのは、

支配者冥利に尽きる、幸せな、とても興奮する瞬間だったりします。


これはスパンキングに限らず、どのプレイにも言えることだけど。



スパンキングってなんだろうと

聞きなれない横文字に恐怖を覚えるまぞくんもいるだろうけど、


基本は素手でお尻を叩くこと、ですね。


シンプルな責めだけど、力加減も自由自在だし、シュチュエーションや、

やるタイミング次第で、どんなまぞくんにも楽しめる要素を秘めた奥の深いプレイ。

(と私は思っている)


スパンキング中の私は基本満面の笑みなので、

楽しんでるのが見れば分かるはず。

あ、打たれてるまぞくんは大体お尻を向けてるので見えないかもだけど。



見学に入っていただいた女王様方にも

「本当楽しそうに叩いてたね!」とよく言われる。

スパンキングの破裂音はよく響くので、

プレイを終えて帰ってくると「今日もいい音出してたね」

とお褒め(?)にあずかることもしばしば。


これを読めば私がどれだけスパンキングを愛しているか分かるよね。



大分長くなってしまったので、今日はこのへんで。


「すきなこと~SM編~」改め

「すきなこと~SM編①~」になってしまった。


まぁそれだけ私はSMがすき!ということ。


次も長々と書くのでお楽しみに。

では、あおいでした。








脳内 | コメント:5 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。